2006年07月31日

「孤虫症」真梨幸子



孤虫症

たまたまどっかのサイトで夏のホラー特集とかいって紹介してあったのでうっかり読んでみたが、気持ち悪いだけだった。がっかり。
いや、こういうタイプの話が好きな人も多いのかもしれないけど、私はどうにも生理的に合わなかった。残念。何というか女性の描く陰な女と相容れないみたい(^-^;;)ネガティブな思考や描写ってイラついてしまうので…
どちらかというと怪談的ホラーではなくハリウッド的ホラーです。(なんじゃそら^0^;;)
posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

「雨と夢のあとに」柳美里



雨と夢のあとに

「劇団キャラメルボックス」の芝居を観た。原作が柳美里の小説と聞いてちょっと驚いた。彼女の本は2冊程読んだが、生理的に合わなくて正直好きではない作家だった。しかしこの芝居の話はとても良かったので、こういうのも書くのか、と思いさっそく原作を読んでみたのであった。
しかし結論から言うと、残念ながら彼女の小説はやはり好きになれそうもない。ストーリー展開も、登場人物も、私的にはキャラメル版の方が断然良かった。舞台もう一度観たかったなぁ…
posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

「砂漠」伊坂幸太郎



砂漠
しつこく伊坂幸太郎(笑)
”砂漠”(=社会?)に出る前の”オアシス”(=大学)での出来事を綴る青春小説…って感じですか。私の大好きなサン=テグジュペリの「人間の土地」が背景に流れてる感があって(実際文章のあちこちで引用もされている)嬉しかった。実際側にいたらすっごい鬱陶しくてイヤだろうなと思われる西嶋も読み進めていくとだんだんイイ奴に思えてきたり(笑)超能力は付け足しみたいな気もするけどそんなことも普通にひっくるめて爽やかに楽しめるかと。

余談だが「人間の土地」は中学の頃冬休みだかなんかの感想文の宿題の課題で、本は買ったもののほったらかしで提出日の朝出掛けに玄関で後ろの解説だけ読んで即席で書いたにも関わらず先生に大絶賛されて(^-^;;)ものすごく申し訳ない気分になり、改めてちゃんと本文読み返したところその素晴らしい話にガツンとやられて大感動したという思い出が…はは。
posted by 福来 at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

「死神の精度」伊坂幸太郎



死神の精度
そしてまだまだ伊坂幸太郎。死神さんのお仕事を追った短編連作集。面白かったー!やっぱ伊坂さんはええのぉ〜(しみじみ)
映画『ベルリン天使の詩』で天使さんたちは図書館に集ってましたが、この本の死神さんたちはCDショップに集います。「ミュージック!」とうきうきする死神さんはラブリー。それ以外はまったく感情を出さず(ってゆーかないのか)淡々と人間と関わっている(=仕事してる)設定も秀逸。こんなに感情がないのにストーリィはしみじみ感動的。
ラストは、前述の『ベルリン天使の詩』で人間になった天使の視界がカラーになる感動を彷彿させました。ええ話じゃ( ̄▽ ̄)

posted by 福来 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(1) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。