2006年12月05日

「レインツリーの国」有川浩



レインツリーの国
有川浩の「図書館内乱」の中に出てくる本だそうで。実は「図書館戦争」シリーズ1冊も読んでません(笑)先に話中に登場する本を読んじゃいました(^-^;;)
とても読みやすくてホンワカ小説でした。概ね書評もいい感じみたいですね。さらっと読む分にはよろしいんじゃないでしょうか。
私的にはどうにも主人公の男女がどちらも鬱陶しくてイライラさせられたので小説自体はあまり好みではなかったですが…ただ後天的な聴覚障害者にはなまじ聞こえていて言葉を理解していた時期があるだけに、先天的な人々とはまた違ったというか更なる辛さや苦労があるのだということをちょっとでも知らしめたのは有りかなと。
posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。