2006年01月07日

「プリズム」 貫井徳郎




プリズム


「小学校の先生が自宅で亡くなる」という事件を生徒や保護者や同僚などそれぞれの視点からそれぞれの知り得る情報を元に真相を探るといったオムニバス。なので、各々にとっての「真相」が描かれていて最終的に明確な答えが出ているわけではないので私なんかはちょっと肩透かしされた感じで不完全燃焼なのだけど、スタイルとしては面白いと思った。ま、最後のお父さんの推理は行き過ぎで子供にやらせなくてもいいんじゃないの?(^-^;;)と思ったけど。私的には事故に1票(笑)

posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11533945

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。