2006年01月24日

「ゆきの山荘の惨劇」 柴田よしき



ゆきの山荘の惨劇

猫です。猫探偵です(笑)「桜さがし」の浅間寺先生が出てるようだったんで読んでみたからびっくり(^−^;;)いや、浅間寺先生も勿論事件の謎解きはするんだけどね。でも真相?は猫が解明するってゆーか、でも猫だから人にはその真実は伝わってなかったりもして…こういうのもアリなんかとちょっと複雑な気分。
作家友達の結婚パーティということでド田舎の山荘に作家さんや編集さんが招待されるのだが土砂崩れが起きて陸の孤島と化してしまったところに事件が起きて次々と被害者が…といった話。ミステリ的にはノーコメント。猫、語ります(笑)飼い主と全然心通じ合ってないのに結構いい関係を築いてるあたり笑える。でもステキ。個人的には浅間寺先生の犬がお気に入り(^−^)
それにしても「激流」って柴田さんだったよね?って思うほど軽い話の本が続いている…次は何にしよう…

posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

行間の宇宙
Excerpt: 興味深い内容で、とても楽しく読ませていただきました。それにしても「激流」って柴田さんだったよね?って思うほど軽い話の本が続いている…いちど読んでみますね。
Weblog: eゆめねっと
Tracked: 2006-02-09 13:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。