2006年01月28日

「眠りの森」 東野圭吾





完全に読む順番間違ったよ(T-T)最初からこういう順番で読んでいればダメージ(?)も少なかっただろうに…なまじっか加賀さん♪モードになってから読んだもんだから「卒業」に引き続き衝撃波Σ( ̄□ ̄‖)
あ、でもストーリー自体は「卒業」よりずっと良かった。かなり完成度高い作品ではないでせうか。愚かで哀しい犯罪ではあったが。
バレリーナってやっぱり何か別世界の人ってイメージがある。加賀さんじゃないけど、人生賭けられる夢があるというのは幸せなんだろうけどある意味不幸でもあるのね〜。







posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(3) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12508527

この記事へのトラックバック

東野圭吾『眠りの森』
Excerpt: 本日の一冊は、東野圭吾『眠りの森』。 美貌のバレリーナが男を殺したのは、ほんとう
Weblog: 坂本総合研究所
Tracked: 2006-11-07 00:17

東野圭吾『眠りの森』
Excerpt: 本日の一冊は、東野圭吾『眠りの森』。 美貌のバレリーナが男を殺したのは、ほんとう
Weblog: 坂本総合研究所
Tracked: 2006-12-11 09:37

東野圭吾『眠りの森』
Excerpt: 眠りの森講談社このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾『眠りの森』を紹介します。美貌のバレリーナが男を殺したのは果たして正当防衛なのか?正当防衛なのか意図した殺しなのかを加賀恭一郎が追及するわけで..
Weblog: itchy1976の日記
Tracked: 2010-05-07 20:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。