2006年03月15日

「私が彼を殺した」 東野圭吾



私が彼を殺した

また微妙に待合せの時間が空いたので加賀刑事のシリーズを購入、読了。
とある有名作家がこれまた有名な女流詩人と結婚することになる。その式の前日に作家の家に一人の女性が現れてその後自殺する。そして式の当日、教会で作家本人が殺される。自分を捨てた男を道連れの無理心中なのか?
…とゆーわけで、事件に関わる3人の人物の視点から語られる形式で話は進む。最後に犯人が明らかにされていないので「どちらかが彼女を殺した」と同じように不完全燃焼気分(^-^;;)
袋とじの解説を読んだ限りでは犯人は奴しかいないと思うのだが…う〜ん気になる(笑)

posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。