2006年07月30日

「雨と夢のあとに」柳美里



雨と夢のあとに

「劇団キャラメルボックス」の芝居を観た。原作が柳美里の小説と聞いてちょっと驚いた。彼女の本は2冊程読んだが、生理的に合わなくて正直好きではない作家だった。しかしこの芝居の話はとても良かったので、こういうのも書くのか、と思いさっそく原作を読んでみたのであった。
しかし結論から言うと、残念ながら彼女の小説はやはり好きになれそうもない。ストーリー展開も、登場人物も、私的にはキャラメル版の方が断然良かった。舞台もう一度観たかったなぁ…
posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22926533

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。