2006年08月10日

「エンド・ゲーム」恩田陸



エンド・ゲーム

常野物語です。待望の続編です。恩田さんは大好きなんですけど、大好きなだけに「あれれ?」てことがよくあって…(^-^;;)
今回も残念ながら私的には「あれれ?」な方でした。「蒲公英草紙」はとても良かったんだけどなぁ。何だか無理やりひた隠しにして謎を謎にし過ぎて上手く終息しなかった感がありました。これはまぁ過去私がハズした(と感じた)恩田作品に共通することなんですが。個々の文章表現とかは相変わらずステキなんですけどね。最後スッキリしなくて残念でした(>_<)



posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22930222

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。