2006年08月14日

「ユージニア」恩田陸



ユージニア

うにゅ〜(>_<)またしても失速。恩田さんははなっからこういうスタンスなのかもしれないけど、私的には着想をまとめぬまま突っ走っちゃった感満載です(T-T)
話の進め方とか文章とか上手いと思います。着想も面白いと思います。でもところどころで感じる違和感と話の始末の仕方がどうにも落ち着きが悪くてやはり読後感が…(^-^;;)。最大の違和感は何よりこの書き手である「私」(雑賀満喜子)の存在がわからないということ。別に謎は謎のままという作り自体は嫌いではないけれど、立ち位置があやふやだと読んでいてしっくりこない。さて、次は「ネクロポリス」か?


posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。