2006年09月11日

「チョコレートコスモス」恩田陸



チョコレートコスモス

「ネクロポリス」より先にこっちを読了。ガラスの仮面っぽいよと聞いていたのでちょっと心配でドキドキだったのだが(笑)面白かった。言われているほど「ガラスの仮面」ではなかった。というか確かに進め方とか個々のエピソードは共通するものがあるとは思うけど、根本的に「ガラスの仮面」とは全く違う話だと思った。
まず、この主人公の佐々木飛鳥はマヤのように「芝居が好き」「演技がしたい」というわけじゃないという時点で決定的に違う。舞台の向こうの暗がりにある何か…そんなえたいの知れないものに気づいてしまったというかとりつかれてしまった少女の旅立ちの話って感じ?(笑)
多少なりとも芝居をやっている身としては「向こう側」に行ってみたいものだがやはり飛鳥レベルでないとそれも叶わないんだろうなぁ〜(^-^;;)飛鳥の戦慄するほどの演技を生で見てみたいものじゃ。


posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。