2006年10月10日

「邪魅の雫」京極夏彦



邪魅の雫
久々に京極。今回新刊情報全く聞いてなくてたまたま茶店の隣の席でめっさ分厚い本読んでる男性がいて思わず覗き込んだら京極でしかも知らんタイトルで慌てて購入したよ(笑)<以下ネタばれあり>

帯のあおり文句から探偵大暴れかぁ?と榎木津ファンの私はうきうきで読み進めたのだが残念ながら今回エノさん全く本領発揮せず。がっくしOTL代わりにといっちゃあ何だが益田君と青木君が頑張っていた(^-^)話的にはちりばめられたものがきっちし収束に向かっていてその辺りはやはり見事じゃのうと思った。まぁそんなこんなで榎ファンとしてはちょっとがっかりではあったが分厚い本を持って回って(笑)最後まで読んだかいがあった!(満足)


posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『邪魅の雫』 京極夏彦著 講談社ノベルス 2006
Excerpt: ごはん&麺類好きだけど、最近ふとしたことからパンを勉強中のまろまろです。 さて、...
Weblog: まろまろ記
Tracked: 2006-12-07 19:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。