2006年10月13日

「美貌の帳」篠田真由美



美貌の帳
『建築探偵桜井京介の事件簿』シリーズ。
てっきり最初だと思って読んだら何といわゆる第二シーズン開幕!な巻であった。失敗。シリーズ物は最初から読まないと気がすまないタチなんでちょっと悔しい(>_<)おかげで謎の設定があったり既出の登場人物とかもあって気になっちまった。建築自体好きなので建築探偵ってのに惹かれて読んでみたのだが、話自体は面白かった。京介がめっさ美形っていう設定は少女マンガっぽくてあまり落ち着かないのだけどま、いっか(笑)子供とのコンビは好きじゃないので京介と遠山先輩の絡みはグッド(爆)


posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。