2006年11月05日

「桜闇」篠田真由美



桜闇
『建築探偵桜井京介の事件簿』シリーズ短編集。
二重螺旋構造の建物をモチーフにした話4編とその他いくつか。私、実は螺旋好き(笑)螺旋階段とか訳もなくウキウキわくわく(^0^)/ちなみに会津の「栄螺堂」も登場してました。ちょっとイヤな感じの話でしたが…(>_<)他の話に登場した二重螺旋の建物も観に行ってみたいなぁ〜
ちなみに本のタイトルにもなってる「桜闇」という話はとても良かった。内容的には何も明かしていないので中途半端感は否めないが個人的にこういう映像美的な話は好きなので(^-^)実は(こんだけシリーズ読んでて言うのもナンだが…)桜井京介自体はどうも好きになれないのだが、この話の京介は良かった(笑)


posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。