2006年11月25日

「失楽の街」篠田真由美



失楽の街
『建築探偵桜井京介の事件簿』シリーズ。第2部完結。
同潤会アパートを題材にネットの海に潜む東京爆破事件を絡め古き良き時代への郷愁や訣別といった趣。今回は神代教授たくさん出てきてます(^-^)「綺羅の棺」と同時期の話なので京介たちは最初タイに行ってて不在なのじゃ。ふふふ。ストーリィ自体は強引な感じが否めなかったけど、ともかく神代教授は良かったし今回のヒロインも良かった。


posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。