2007年01月12日

「夜市」恒川光太郎



夜市
第12回日本ホラー小説大賞受賞作。とてもデビュー作とは思えない。これは素晴らしかった!「こちら側」と「あちら側」のはざ間の妖しい世界がとても美しくも哀しくも描かれていてとてもステキな怪奇幻想小説(というのか?)であった。
特に書き下ろしで入っていた、小学生の男の子が夏休みに武蔵野の町の綻びから謎の古道に入り込む「風の古道」は秀逸。久々に本を読んで大感動〜2作目も読まねば(^-^)
posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。