2007年01月21日

「氷雪の殺人」内田康夫



氷雪の殺人
どうやら父親が読んだらしく本棚から出してあった「氷雪の殺人」をうっかり読み返してしまった(^-^;;)
ずいぶん前に読んだので結構忘れていた(笑)ただ冒頭のおみくじ箪笥の描写はとても印象的で良く覚えていた。
珍しく浅見兄からの調査依頼。防衛庁(今は防衛省ですな)とメーカーの癒着問題へと事件は発展。日本の防衛について一家言て感じだったが、やはり題材が題材だからか結末は例の如く法に委ねない形で…う〜ん。どうも私はこのテの〆かたが好きじゃない(>_<)仕方ないっちゃ仕方ないのかもしれないけどね。
posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33735163

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。