2007年02月09日

「ゆめつげ」畠中恵



ゆめつげ
「しゃばけ」シリーズ以外の畠中さんの本に手出してみた(笑)
ただしこれも江戸モノ(とはいえもう幕末だが…)。神社の神官を務めるぼんやりおっとりな兄・弓月としっかり者の弟・信行。一見頼りなげな兄には「夢告」の能力がある。そこへ小さい頃行方不明になった大店の一人息子の行方を占ってほしいという依頼が…。
人も死ぬし「しゃばけ」シリーズのようなほんわかさはないけれど、面白かった。よくある夢見のお話かと思いきや幕末のうねりの中、変革を余儀なくされていく神道そして神社、神官という立場…なんてとこまで話広げてあってなかなか興味深い。最後はこれからもっといけそうな所で急に終息されてしまう感が強いけど、私はこういう話好きですな。走馬灯のようなラストはとても美しいと思う。
白加巳神社の権宮司の佐伯彰彦良かった!彼と弓月のシーンは萌えポイント(笑)
posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

畠中恵  ゆめつげ
Excerpt: ゆめつげ/畠中 恵 ¥1,470 Amazon.co.jp    「夢占いができるある人物がその能力を使って 事件を次々と解決していくほんわかした短編集」だと思っていたん..
Weblog: ピースな本のバイブスで。
Tracked: 2007-08-15 02:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。