2007年02月12日

「アコギなのかリッパなのか」畠中恵



アコギなのかリッパなのか
畠中さんの現代モノ。しかも政界!
昔は不良だった青年事務員・佐倉聖が、元大物代議士のもとに持ち込まれる陳情、難題、要望から、その裏にある日常の謎を解決する短編集。
政界モノっつってもドロドロも黒々もなく、いたってほのぼの畠中ワールド(笑)さくっと楽しく読める。キャラもそれぞれ個性的ってゆーか個性的過ぎるっつーか(^-^;;)その分リアリティさはないけど面白い。嗚呼選挙って大変なのね〜あははは。
国会議員の加納が良かった。主婦連には「王子様」と人気のある一見かっこいい議員さんだけど、実は結構いぢわる(笑)で聖はよく苛められてる。それがいいんだけど(爆)
posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アコギなのかリッパなのか 畠中恵
Excerpt: 佐倉聖は21歳の大学生。元大物国会議員・大堂剛の事務所で働く事務員。 元不良の負けん気と機転の利く頭脳で、センセイ方顔負けの解決を成...
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2009-08-12 15:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。