2007年02月16日

「百万の手」畠中恵



百万の手
畠中さんの現代モノ第2弾。
燃えさかる家に飛び込み焼死した親友。携帯電話を通して連絡してくる彼の魂と、二人三脚での放火犯探しが行き着く恐るべき真相!…がまさかこんな話にまで発展するとは(^-^;;)と、そういえば「ゆめつげ」の時にもそこまで話広がるんだ(^-^;;)と思った覚えが…。ネタバレなんでどんな話なのかはあえて書かないけど。ま、本の紹介とかで書かれちゃってるところもあるが(苦笑)
それにしても畠中さんの小説の主人公は甘やかされているなぁ(笑)一見恵まれない環境だがとても周りはいい人ばかりだ。
ミステリというよりはやはりファンタジィかな。私はこういう読後感の良い話は好きですが(^▽^)
posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。