2007年03月06日

「火天の城」山本兼一



katenno.jpg
同じくTVでやった「バチカンに眠る信長の夢」の参考図書。
安土城を造った大工親子のプロジェクトX。「そちに出来るか」「出来ます」岡部は思わず答えていた…田口トモロヲさんの声で(爆)
これは面白かった!建築家ってすごい!(≧▽≦)職人さんたちの「匠の技」に感動。波乱万丈の末見事完成した時は自分も天守に登った気分で爽快であった。しかしあっという間に燃えてしまってホント残念無念であった(>_<)くぅ〜
この本では「爆死説」の片鱗が伺えてそれも良かった。
そして装丁が素晴らしい!かっちょいい!ジャケ買いしそうな本(笑)
【関連する記事】
posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35561097

この記事へのトラックバック

vol.13「 火天の城 」山本 兼一
Excerpt: 歴史物や戦国物は苦手!っていう人にお勧めの歴史小説。 これは戦いや領地争いの話ではありません。天下統一を目指す織田信長が、長きに渡って評価をしてきた宮大工の棟梁・岡部又右衛門に、安土山をまるごと使い五..
Weblog: L4BOOKS - イラストですてきな小説と出会えるウェブマガジン。毎週月曜日更新
Tracked: 2009-10-09 00:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。