2007年03月28日

「ハゲタカ」「ハゲタカU(「バイアウト」改題)」真山仁



ha.JPG
道尾本を積んでるのについうっかり読んじゃった(笑)NHK土曜ドラマ「ハゲタカ」原作本。とにかくこのドラマにハマっていて尋常じゃない昨今(爆)

外資系投資ファンド運営会社を率いる鷲津政彦は、バブル崩壊後、不景気に苦しむ日本に戻り瀕死状態の企業を次々と買収する…「会社とは一体誰のものなのか?」

ドラマと設定はかなり違います。原作の方がスケールでかいです。そして鷲津は野獣です(笑)彼ならホントに日本をバイアウトしそうです(^-^;;)はは。
実在の起業をモデルにしているからか、わざとらしい言い換えの企業名が多くてそれはちょっと煩わしかったけど、経済オンチな私でも買収攻防戦はかなりワクワクさせられました。一気に読めます。
今後は経済ニュースも楽しめそうじゃ(爆)


posted by 福来 at 00:00| Comment(8) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

「雷の季節の終わりに」恒川光太郎



kaminari.jpg
「夜市」の人の本も一緒に仕入れてきたの忘れてて発売年月日だけ見ててっきり道尾秀介だと思って最初読んでた(^-^;;)
いやぁ〜2作目でいきなりすごい独特な世界観作ってきたぞ!そうそうこのくらい徹してやってくれるといいよねぇ〜なんて感心して読んでて最後「はふぅ〜( ̄▽ ̄)」と大満足しつつもふと疑問に思ってよくよく表紙を見たら恒川光太郎だった(>_<)
そっかぁ!そうだよねぇ〜いくらなんでも前作(「背の眼」)とあまりに世界が違いすぎるって(^0^;;)「夜市」を継承した2作目なら納得!

現世から隠れて存在する小さな町<穏(オン)>で暮らす少年・賢也。しかしある秘密を知ってしまった賢也は穏を追われる羽目に…

それにしてもやっぱりこの人すごい!この幻想的な世界観はこれからめっさ楽しみ〜恒川ファンとはぜひお友達になりたい(笑)

posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月20日

「歴史をかえた誤訳」鳥飼玖美子



歴史をかえた誤訳
歴代首相などのある種重要な発言の誤訳超訳を解説した本。いや訳って奥が深すぎる(−_−)どうしたって別の言語を別の言語に置き換えるのはどこか無理があるのは仕方ないのだが…
いわゆる現地でよく使われる言葉に置き換えた方がいい場合とそのまま直訳した方がいい場合と訳すシチュエーションによってこんなに効果が違うのかとかなり目から鱗で面白かった。訳者はその対象者の意を汲み取って伝えなければいけない反面、汲み取り過ぎて(?)自分の意見を混ぜてしまってはいけないとか、訳者の苦悩みたいなのもかなり堂々巡りでとても怖いなと思ってしまった。翻訳ちゃんとやってみたいんだけどね…(^-^;;)


posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月11日

「チョコレートコスモス」恩田陸



チョコレートコスモス

「ネクロポリス」より先にこっちを読了。ガラスの仮面っぽいよと聞いていたのでちょっと心配でドキドキだったのだが(笑)面白かった。言われているほど「ガラスの仮面」ではなかった。というか確かに進め方とか個々のエピソードは共通するものがあるとは思うけど、根本的に「ガラスの仮面」とは全く違う話だと思った。
まず、この主人公の佐々木飛鳥はマヤのように「芝居が好き」「演技がしたい」というわけじゃないという時点で決定的に違う。舞台の向こうの暗がりにある何か…そんなえたいの知れないものに気づいてしまったというかとりつかれてしまった少女の旅立ちの話って感じ?(笑)
多少なりとも芝居をやっている身としては「向こう側」に行ってみたいものだがやはり飛鳥レベルでないとそれも叶わないんだろうなぁ〜(^-^;;)飛鳥の戦慄するほどの演技を生で見てみたいものじゃ。


posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月26日

「アレクサンダー・テクニークの学び方 体の地図作り」バーバラ・コナブル&ウィリアム・コナブル



アレクサンダー・テクニークの学び方
いや、今月腰を痛めましてですね(^-^;;)元々肩とか首のコリがひどかったりもして、これを機に身体を根本から見直してみようかとまぁ思った次第で。
で、たまたまこの「Alexander Technique」というのに辿り着いてちょっと興味を持ったので学習してみようかな、と。
しかしこの本は残念ながらイマイチであった。ところどころ「おお」と感心もしたが、如何せん全般的に読みづらい。翻訳のせいかなぁ〜(^-^;;)何か文章がわかりづらかった。
他にもいろいろ文献でてるので挑戦してみよう…

posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

「会津鶴ケ城(物語・日本の名城)」 阿井 景子

会津鶴ケ城―物語・日本の名城(imageなし)

黒川城のあとを受けて蒲生氏郷によって築かれた城が、戊辰戦争により銃砲弾を受けて破壊されるまでの城をめぐる歴史。
会津のお城を巡る歴史、会津戦争でお城が落城するまでのドラマがとてもわかりやす〜く書かれてます。何となく会津関連の本ってことで惰性で読んだけどこれは良かった。
posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月30日

そして5月(笑)

だめだめじゃん(爆)
またまとめかい(^-^;;)来月から復活出来れば良いが…

てなわけで今月は次回公演に向けて会津もの満載。



早乙女貢『会津士魂 1 会津藩京へ』早乙女貢『会津士魂 2 京都騒乱』
会津士魂 1
会津士魂 2
早乙女貢『会津士魂 3 鳥羽伏見の戦い』早乙女貢『会津士魂 4 慶喜脱出』
会津士魂 3
会津士魂 4

中村彰彦『修理さま雪は』長谷川つとむ『会津藩最後の首席家老』
修理さま雪は
kaji.jpg

それから、
少年白虎隊(中条 厚)



そして現在「会津士魂」の続き、及び「京都守護職始末〜旧会津藩老臣の手記」(山川浩)を併読中。先は長い…

posted by 福来 at 14:46| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月12日

4月は…追加

やっぱり家帰って本見直したらまだあったよ(^-^;;)


大平健『診療室にきた赤ずきん』池谷 裕二/糸井 重里『海馬 -脳は疲れない- 』
診療室にきた赤ずきん
海馬
大石英司『神はサイコロを振らない』『有栖川有栖の鉄道ミステリ・ライブラリー』
神はサイコロを振らない
有栖川有栖の鉄道ミステリ・ライブラリー

そんでもって倉知淳『日曜の夜は出たくない』
posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

4月は…

ちょっとうっかり転職とかしてみたりしちゃって忙しかったもんだからほとんどネット出来なかったよ。おかげで記録のつもりが全然記録になってない(^-^;;)
ネットする暇はあんまなかったけど本は読んでたの。

とゆーわけで4月に読んだ本たち。




恩田陸『象と耳鳴り』恩田陸、乙一他『七つの黒い夢』
象と耳鳴り
七つの黒い夢
荻原浩『噂』創芸舎『グーグル完全活用本』
噂
グーグル完全活用本
小川洋子『博士の愛した数式』奥田英朗『町長選挙』
博士の愛した数式
町長選挙



そして下旬からGWにかけて読み返しブームが(笑)

内田康夫『多摩湖畔殺人事件』
内田康夫『「横山大観」殺人事件』
内田康夫『追分殺人事件』
内田康夫『「萩原朔太郎」の亡霊』
内田康夫『十三の墓標』
以上、全て岡部警部シリーズ!(^-^)

伊坂幸太郎『陽気なギャングが地球を回す』
映画を観た後再度原作を読みたくなって…(^-^;;)

こんなとこでしょか…?(間が開きすぎて忘れてもうたよ)
posted by 福来 at 17:04| Comment(0) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。