2007年02月21日

「ST 黒の調査ファイル」今野敏



ST黒の調査ファイル
色を冠したSTシリーズ最終章。
化学専門の黒崎がメイン。嗅覚が異常に発達していて翠とコンビで「人間嘘発見器」と呼ばれている(^-^;;)シリーズ中ほとんどしゃべっていない(笑)超無口だけどめちゃめちゃ強い武術の達人。
そんな今回の事件は、ワンクリック詐欺に引っかかった貧乏役者が暴力団詐欺グループ仕掛けた復讐劇と歌舞伎町の不審火。この2つの事件にしゃべらない黒崎がどう絡んでくるのか?!(爆)
黒崎ってば無言実行な感じで素敵。そんでもって実はとっても用意周到(^w^)いやぁ〜色シリーズは面白かった!
posted by 福来 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ST 緑の調査ファイル」今野敏



緑の調査ファイル
再び戻って色を冠したSTシリーズ。
ST紅一点の結城翠が主人公。物理担当で人間離れした聴覚の持ち主で潜水艦のソナー手になりたかったが閉所恐怖症のため諦めたという経歴(?)の持ち主。閉所恐怖症の反動のため服装はいつもその抜群のスタイルをぎりぎりまで露出したおよそ捜査現場にはそぐわないもので超絶美形の青山とともに毎度捜査員の視線を釘付けにしている(笑)
そんなわけで今回の事件は音楽関係。人気ソリストが所有する1億円のバイオリンが盗まれる。そしてさらに殺人事件が…!
青山と菊川警部補が実はクラシックファンということで意気投合しちゃったりミーハーぶりを発揮したりしてなかなか面白い(^−^)それにしても音が聞こえ過ぎて音楽を純粋に楽しめないというのも辛いですな〜(>_<)同じ種であることが大事なのではなく例え違う種でも同じ世界を語り合えることの方が大事というのは同感。
posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月20日

「ST 為朝伝説殺人ファイル」今野敏



ST為朝伝説殺人ファイル
シリーズ第3期になるのかな?色シリーズ後の新作。
伊豆大島、奄美大島のダイビング事故と『為朝伝説』を結びつけたTVワイドショーの取材先で関係者が溺死する。
ST御一行様地方へ初出張(笑)日本史好きとしては『為朝伝説』の話部分は面白かったけど…しかし今回は何だか火サスっぽい話だったなぁ。本もえらい薄かったし(^-^;;)
ちょっと失速気味?次作に期待。
posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月19日

「ST 毒物殺人」今野敏



ST警視庁科学特捜班
シリーズ第1期の2冊目(かな?)。第2期を先にいくつか読んじゃったせいか、このST結成初期のキャップこと百合根警部はイラっとくるほど弱々うだうだしている(^-^;;)
経費削減の折から早くもST不要論が出る中、果たしてSTは生き残れるのか?!…というわけで今回の事件は、都内の公園で毒物による変死体が連続して発見されることから始まる。事件を追っていくとその背後には怪しげな自己啓発セミナーの団体が。
私的には愛と憎しみは相反するもので決して紙一重だと思ってないんだけど、愛が深いほど反動で憎しみも強くなるっちゅうのはまぁドラマとしては面白いかな(笑)
posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

「ST 青の調査ファイル」今野敏



青の調査ファイル
色を冠したSTシリーズ。
本書「青」はプロファイリング担当の青山。「美は力って本当だなぁ」(by百合根警部)と思わせる超絶美形だが秩序恐怖症で乱雑な状況にいないと落ち着けずデスクはしっちゃかめっちゃか何だかいつもヤル気がない感じで「僕、帰ってもいい?」が口癖(笑)
そんな青山メインの今回の事件は心霊スポットで起きる。霊能者と心霊現象に興味津々な青山と検視官の対決(?)…ってゆーか青山は対決してるつもりもなく単に自分の好奇心なんだろうけどね(笑)


posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

「ST 黄の調査ファイル」今野敏



黄の調査ファイル
色を冠したSTシリーズ。
本書「黄」は薬学の専門家にして僧籍を持つ山吹がメイン。
実家がお寺さんで現場ではいつも「誰が坊さんを呼んだんだ?」と言われてしまうST内唯一の常識人…とキャップの百合根警部は密かに思っている(笑)
そんな彼がメインの今回の事件は信仰宗教関連。科学とはちょっと外れているけれど、山吹の哲学的な話は興味深かった。坐禅体験してみたいかも〜(もちろん一般体験で^-^;;)
posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ST 赤の調査ファイル 」今野敏



赤の調査ファイル
STシリーズ第2期(らしい)。それぞれ色を冠した作品で、本書の「赤」はST法医学担当の赤城がメイン。
赤城は一見ムサイ風貌だがそれが男の色気となってるいい男だが女性恐怖症(?)で、男は一匹狼でなければならないと思って自分もそうだと信じてるのに何故か人望厚く周りに人が集まってきてしまう人物(笑)
そんな赤城の扱う今回の話は医療ミス事件。赤城の過去が明らかに…!いやぁ薬って怖いですな〜(>_<)
posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ST 警視庁科学特捜班」今野敏



ST警視庁科学特捜班
友達がハマっていて紹介してくれたのでさっそく読んでみた。確かに面白い!こういうチームプレーものって好き(^−^)
ST=Scientific Task Force(警視庁科学特捜班)。法医学、科学、文書鑑定など専門分野で特殊な才能(&特殊な性格?)を持つメンバーばかりの5人が所属している。それぞれ赤城、青山、黒崎、山吹、翠、と名前に色が入っていて戦隊モノちっくな所も、リーダーもといキャップの百合根がキャリア組でまだ若くて弱々な所も私好み(笑)
本書はシリーズ第1弾。続きが読みたくなるシリーズですな(^▽^)


posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「百万の手」畠中恵



百万の手
畠中さんの現代モノ第2弾。
燃えさかる家に飛び込み焼死した親友。携帯電話を通して連絡してくる彼の魂と、二人三脚での放火犯探しが行き着く恐るべき真相!…がまさかこんな話にまで発展するとは(^-^;;)と、そういえば「ゆめつげ」の時にもそこまで話広がるんだ(^-^;;)と思った覚えが…。ネタバレなんでどんな話なのかはあえて書かないけど。ま、本の紹介とかで書かれちゃってるところもあるが(苦笑)
それにしても畠中さんの小説の主人公は甘やかされているなぁ(笑)一見恵まれない環境だがとても周りはいい人ばかりだ。
ミステリというよりはやはりファンタジィかな。私はこういう読後感の良い話は好きですが(^▽^)
posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月12日

「アコギなのかリッパなのか」畠中恵



アコギなのかリッパなのか
畠中さんの現代モノ。しかも政界!
昔は不良だった青年事務員・佐倉聖が、元大物代議士のもとに持ち込まれる陳情、難題、要望から、その裏にある日常の謎を解決する短編集。
政界モノっつってもドロドロも黒々もなく、いたってほのぼの畠中ワールド(笑)さくっと楽しく読める。キャラもそれぞれ個性的ってゆーか個性的過ぎるっつーか(^-^;;)その分リアリティさはないけど面白い。嗚呼選挙って大変なのね〜あははは。
国会議員の加納が良かった。主婦連には「王子様」と人気のある一見かっこいい議員さんだけど、実は結構いぢわる(笑)で聖はよく苛められてる。それがいいんだけど(爆)
posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。