2007年02月09日

「ゆめつげ」畠中恵



ゆめつげ
「しゃばけ」シリーズ以外の畠中さんの本に手出してみた(笑)
ただしこれも江戸モノ(とはいえもう幕末だが…)。神社の神官を務めるぼんやりおっとりな兄・弓月としっかり者の弟・信行。一見頼りなげな兄には「夢告」の能力がある。そこへ小さい頃行方不明になった大店の一人息子の行方を占ってほしいという依頼が…。
人も死ぬし「しゃばけ」シリーズのようなほんわかさはないけれど、面白かった。よくある夢見のお話かと思いきや幕末のうねりの中、変革を余儀なくされていく神道そして神社、神官という立場…なんてとこまで話広げてあってなかなか興味深い。最後はこれからもっといけそうな所で急に終息されてしまう感が強いけど、私はこういう話好きですな。走馬灯のようなラストはとても美しいと思う。
白加巳神社の権宮司の佐伯彰彦良かった!彼と弓月のシーンは萌えポイント(笑)
posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月08日

「うそうそ」畠中恵



うそうそ
シリーズ第5弾。まるっと1冊長編。
今回は脱・江戸。箱根の湯治に行って元気になるぞ!と若旦那、手代の兄やたちと共に初めて旅に。ところがいつも鬱陶しいくらい側にいる兄や達が何故か途中で行方不明に!旅先でいきなり松之助兄ちゃんと二人だけになっちゃってさてどうする?(笑)
またまた魅力的なゲストキャラ満載で楽しめます。私的には仁吉の見せ場が少なくてちょっと残念だったけど…
でも仁吉が若旦那背負って若旦那ごと羽織を羽織って夜の外へ出て話するシーンは萌え(爆)
posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月07日

「おまけのこ」「みぃつけた」畠中恵




おまけのこみぃつけた
「おまけのこ」はシリーズ4作目。短編集。もちろん文庫化なんて待ってらんないので四六版購入(笑)
若旦那の初吉原体験や屏風のぞきの活躍やら迷子になった鳴家やら相変わらず人情溢れるステキなお話満載(^−^)
「みぃつけた」は幼い頃の若旦那の話をビジュアル・ストーリーブックいわゆる絵本にまとめたもの。シリーズの挿絵を担当している柴田ゆうさんの絵はほんと世界観にぴったり。鳴家たちの影絵ステキです。小さい頃の手代さんたちもかわいい(≧▽≦)
posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月06日

「しゃばけ」「ねこのばば」畠中恵




しゃばけねこのばば
文庫全部購入。
シリーズ第1弾「しゃばけ」第13回(2001年)日本ファンタジーノベル大賞
優秀賞受賞作。これはまるっと1冊長編です。仁吉があんまり活躍してくれ
なくてちょっとしょんぼりだったけど(笑)やっぱり面白い!
「ぬしさまへ」に入っている若旦那の兄ちゃんの話(「空のビードロ」)
と時間が重なってます。
「ねこのばば」は短編集。手代のもう一人佐助の話「産土」が入ってます。
切ない〜(T-T)他にも魅力的なゲストキャラ満載〜
posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(2) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

「ぬしさまへ」畠中恵



ぬしさまへ
うっかりすっかりずっぽりハマりました、ワタクシ(爆)
「長崎屋」という大店のとっても病弱な若旦那、実は祖母が妖で周りには同じく妖がいっぱい。二人の手代も妖で、ともかく何はなくとも若旦那第一。この手代の仁吉がステキ〜!(≧▽≦)
両親も若旦那には超甘甘。隣の和菓子屋の幼馴染は跡取りなのに致命的に和菓子作りが下手(^-^;;)等等。
時代物、主従、妖怪、その他諸々私的萌えポイント満載(^▽^)

ちなみにこの本はシリーズ2冊目とのこと。短編集です。「仁吉の思い人」「空のビードロ」が特にお気に入り。美しい話です♪
posted by 福来 at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「死亡推定時刻」朔立木



死亡推定時刻
仕事さぼって時間が有り余ったため本を何冊か購入(笑)
身代金目的の誘拐事件が発生。警察の独断によって犯人との交渉に失敗し、誘拐されていた少女は死体となって発見される。殺されたのは交渉前なのか?交渉失敗したからなのか?
さすが法曹界出身の作者さんだけあって、冤罪が作り出されるまでの過程が見事に書かれてます。(もちろん現実はわかりませんが…)ああ実際こんな感じなのかもと思わせます(^-^;;)
まったくもってやるせない感満載なお話です(>_<)
冤罪だってわかってて読んでいるから非道い話じゃと思うけど、背景を何も知らないでニュースだけ見たらやっぱり彼が犯人に違いないと思うんだろうなぁ。恐ろしい話じゃ〜
posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

「グレイヴディッガー」高野和明



グレイヴディッガー
江戸川乱歩賞をとった「13階段」はものごっつう暗くて重い話だったけど、これは一転してかなりエンターテイメントなお話であった。題材は骨髄移植で決して軽いものではないのだが(^-^;;)

細かくツっこんだらいろいろあるのかもしれないけど(笑)これはもう一気に疾走感を味わって読むと楽しいひと時を過ごせるかと(^-^)「13階段」を読んだ時はとてもやるせない気分になったが(T-T)これは明るくオチがついてすっきり感で読了出来て良かった。
posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

「氷雪の殺人」内田康夫



氷雪の殺人
どうやら父親が読んだらしく本棚から出してあった「氷雪の殺人」をうっかり読み返してしまった(^-^;;)
ずいぶん前に読んだので結構忘れていた(笑)ただ冒頭のおみくじ箪笥の描写はとても印象的で良く覚えていた。
珍しく浅見兄からの調査依頼。防衛庁(今は防衛省ですな)とメーカーの癒着問題へと事件は発展。日本の防衛について一家言て感じだったが、やはり題材が題材だからか結末は例の如く法に委ねない形で…う〜ん。どうも私はこのテの〆かたが好きじゃない(>_<)仕方ないっちゃ仕方ないのかもしれないけどね。
posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

「北緯四十三度の神話」浅倉卓弥



北緯四十三度の神話
「四日間の奇蹟」で第1回「このミステリーがすごい!」大賞で金賞を受賞し作家デビュー。ドラマ化もされたこのデビュー作自体は何と言うか漫画チックだったなぁ程度であまり記憶に残っていない。
そして今回のも何つうかよくあるTVドラマっぽいというか…だいいちタイトルの意味がわからない。どこら辺が「神話」なの?(^-^;;)
そして私も妹がいる二人姉妹だが、この小説の姉妹には全く共感も同感も出来ず。残念ながら私には彼女ら理解不能(苦笑)

ま、とりあえずラストは大団円で良かった良かった(^-^)
posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

「悪魔の種子」内田康夫



悪魔の種子
久々に浅見光彦シリーズ。
ちなみに私は浅見兄が好きだ(笑)今回もちらほら登場。
舞台は茨城、秋田。遺伝子組み換え問題が題材。「花粉症緩和米」という遺伝子組み換えのお米を巡っての殺人事件。
相変わらず題材に関していろいろと詳しく解説されております。お米の歴史なんぞも書かれており、なかなか興味深い。
過去の浅見作品に登場した人たちなんかもちらほら登場してます。シリーズならではですな(^-^)
posted by 福来 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。